A.C.C.日本語学校

A.C.C.日本語学校 学校概要

学校名:A.C.C.日本語学校

ベトナム語名: Cơ Sở Ngoài Ngữ Sáng Tạo

ホーチミン教育局認可番号:04/09/GP-GDTX
タックスIDナンバー:0307322021

オフィス住所:4/7 Đường Số 207, Khu Phố 4, Phương Hiệp Phú, Quận 9, Hochiminh City

E-Mail : ishikawa(アット)accjapanese.com
(アット)を@に変えてください

 

スタッフ総数:3名

学校長、日本人講師 
 石川健太郎
ようこそ! ベトナム人主任講師 
 カイ・クオック・トアン
ようこそ! 副学校長、専任講師
 ホアン・ティ・キム・アン



事業内容

●ベトナム人への日本語教育
日本人へのベトナム語教育
●メールマガジン発行:ベトナム語WEB留学
学校長ブログを運営

 

学校沿革
1999年:静岡県富士宮市、A.C.C.国際交流学園のベトナム分校として開校。
A.C.C.日本語学校
当時の学校(11 bis Đăng Thị Như, Quận 1, TP.HCM)

2000年:現学校長、石川が日本語教師として赴任

2001年:人材不足のため、石川が学校長に昇格。

2004年:入国管理局のビザ審査が極端に厳格化(日本語教育界で俗に言われる、2004年ショック)され、
静岡本校も破綻の危機に・・・。それに伴い、当ベトナム分校は独立(正確には、放り出された・・・)。

2006年:因業大家の立ち退き勧告に遭い、Le Lai 通りへ移転。
( 174/3 Lê Lai, Quận 1, TP.HCM)。
この頃赤字で学校閉鎖の危機、真剣に夜逃げも考える。石川が月に200時間サービス残業して、やっと従業員の給与を稼いでいた時期。

2008年:日本人講師を自分以外ゼロにすることで、業績がJ字回復。しかし賃貸バブルに押し出されるように、1区から3区へ移転を余儀なくされる。
( 611/24C Điện Biện Phu, Quận 3, TP.HCM)

2009年:通学制は廃止し、契約日系企業への授業・オンライン授業に特化。
phoc.JPG   phoc2.JPG
当時の教室写真

2010年:現在。郊外の9区に家を買い、事務所もそちらへ移転。



取引実績日系企業:(順不同・敬称略)
マブチモーター・ベトナム、NIDEC SANKYO VIETNAM、NIDEC SERVO VIETNAM、VIETNAM MEIWA、 KOBE ENGINEERING & MAINTENANCE, 日機装ベトナムMFG, SHOWPLA VIETNAM, MAGX VIETNAM,帝国ピストンリング・ベトナム、コム・フードサービス、ICHI CORPORATION、 Mai Do Co,.LTD、東北パイオニア株式会社、株式会社PESSIO、名古屋精密金型、エステック株式会社、SUMIDEN DEVICE INNOVATION VIETNAM、ヒラサワ機工株式会社、程原製作所ベトナムオフィス、MEISEI VIETNAM、アイエム協同組合、LOTECO工業団地、NISSEI VIETNAM (順不同・敬称略)